家族で作りたい! お芋ゴロゴロ酒粕まん

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.01.13

もっちりした生地にゴロゴロさつま芋の食感が楽しい蒸しまんです。ベーキングパウダーを使うので、生地を長く発酵させる必要はありません。あんを包むのではなくさつま芋を混ぜ込み、フライパンで蒸し焼きにする気軽なレシピですが、酒粕を生地に使った味は本格派。熱々を召し上がれ!

 

【材料】
〈粉類〉
・強力粉:120g
・薄力粉:30g
・ベーキングパウダー:小さじ2

 

・塩:1つまみ
・酒粕:30g
・水:80cc
・油:大さじ1
・さつま芋:200〜250g

 

【作り方】
1./粉類は合わせてふるっておく。酒粕は小さくちぎって、分量の水を少しかけてふやかす。

酒粕を水でふやかしておく

 

2./さつま芋は両端を切り落とし、2cm角に切ってさっと水に通す。水気を残したまま耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジに5分かける。
※加熱時間は、お使いの電子レンジに合わせて調整してください。

さつま芋を電子レンジにかける

 

3./粉類に水と油を加え、手で混ぜる。粉っぽさがなくなるまで全体がなじんだら、1の酒粕を水ごと加えてよくこねる。

酒粕を加え混ぜる

 

4./生地につやが出てきたらひとまとめにして、ラップをして室温に10分置く。

生地をまとめて10分置く

 

4./まな板に分量外の打ち粉をして、生地を四角く伸ばす。2の芋を飾り用に少し取り分け、生地の上に広げる。生地を手前から巻き、包丁で6等分する。生地を指でつまむようにして切り口をふさぎ、丸く形を整える。

生地の形を整える

 

5./オーブンシートを敷いたフライパンに4をくっつかないように並べ、残りの芋を飾る。芋で生地を軽く押すようにするとよい。オーブンシートとフライパンの間に熱湯100〜150ccを注ぎ、蓋をして中火にかける。

オーブンシートの上に並べる

 

6./蒸気が立ってきたら火を弱め、10〜15分生地に火が通るまで蒸す。

出来上がり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい