丸ごとゆず活用法1「ゆず茶」の作り方

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.12.06

ゆずがたわわに実る季節です。このゆずで韓国の伝統茶として知られる「ゆず茶」を作ります。お茶と言っても茶葉を使うのではなく、ゆずの実を砂糖で煮て作るものです。「ゆず茶」にはレモンの約4倍のビタミンC、クエン酸などが含まれ、風邪予防や美肌に効果があると言われています。「ゆず茶」を作った後は、残ったゆずの種と日本酒や焼酎で保湿力のある化粧水も作れます。作り方は「丸ごとゆず活用法2」で紹介します。

 

「ゆず茶」の作り方
ゆずは皮ごと使うので、できるだけ無農薬のものを選んでください。皮は白い部分に苦みがあるので、苦みを抜くために茹でこぼしてから煮込むのがコツです。また、甘味として砂糖の代わりにはちみつを使うとカロリーがカットできます。

 

【材料】
・ゆず:適宜
・砂糖またははちみつ:ゆずの重さの1/3~1/2(お好みで)

今が旬、採れたてのゆず

 

【作り方】
1./ゆずを洗って横半分に切り、果汁を絞って種を取り除く。果肉の入っていた袋を皮から外しておく。

果汁、皮、種、袋を別にしておく

 

2./1で外した袋部分をフードプロセッサーか包丁でできるだけ細かくみじん切りにする。
3./皮は千切りまたはみじん切りにして、2~3時間水にさらしておく。
4./鍋に水を入れ3を入れて火にかけ、沸騰させたらザルにあける。これを2回繰り返してザルにあげ、水を切っておく。
5./4、2と1で絞った果汁、砂糖またははちみつを入れて弱火~中火にかけ、20分程度煮詰めて少しとろみがついたら出来上がり。

材料をすべて入れて煮始める

 

煮ているととろみが出てくる

 

出来上がった「ゆず茶」は、カップに入れた熱いお湯に大さじ1程度を溶かしていただきます。体が芯から温まります。また、ジャム代わりにパンに塗っても美味しい!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい