コスパ抜群! 鶏レバーの味噌佃煮

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.11.22

鶏のレバーとハツ(心臓)は肉のなかでも比較的安く売られています。安いうえに栄養価も高く頼もしい食材ですが、レバー独特の匂いが苦手という人も多いと思います。しかし、下ごしらえさえきちんとできれば、匂いも気になりません。また、じっくり煮ることで日持ちもし、冷めたままでも美味しくいただけます。もう一品が足りないな、と感じたときに活躍するおかずになります。

 

「鶏レバーの味噌佃煮」の作り方
鶏レバーは醤油ベースで煮る調理が多いのですが、今回は味噌ベースにして、レバーとハツに味をしみ込ませて佃煮風に煮つめます。レバーのねっとり感とハツのシコシコ感が絶妙です。

 

【材料】
・レバーとハツ:400g
・味噌:大さじ3
・日本酒:大さじ4
・本味醂:大さじ2
・砂糖:大さじ1
・醤油:小さじ1
・出汁汁(昆布か鰹):100cc
・生姜:千切りで少々
・白ゴマ:適宜
・長ネギ:適宜

レバーにはハツが付いていることが多い

 

【作り方】
1./レバーは一口大に切る。ハツは縦に二つ割にし、脂や中心部にある血の塊を取り除いておく。

二つ割にして中心部をきれいにする

2/たっぷりの水を鍋で沸騰させ、そこに1を入れて10分程度中火で茹でる。その間、アクが出るので、すくっておく。
3./茹で上がったらザルにあける。一度水をかけてアクを流しておく。

茹で上がったレバーとハツ

 

4./鍋に生姜と出汁、味噌、日本酒、本味醂、砂糖、醤油をすべて入れて火にかけ、3を入れて中火で煮る。
5./焦げないように注意しながら、出汁汁がほぼなくなるまで煮詰めて出来上がり。仕上げに白ゴマと長ネギを散らす。お好みで七味唐辛子をふる。

出汁、調味料とレバーとハツを煮始める

 

汁がなくなるまで煮詰める

 

レバーとハツの食感の違いが美味しい!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい