酒粕パンでプロの味!

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2018.09.04

焼立ては生地がふんわりとしていて、ほんのりと酒粕のいい香りがあり、冷めてもしっとりとした食感が楽しめる酒粕パンのレシピです。日本酒造りでもろみからお酒を絞ったあとの酒粕は、栄養分がぎゅっと詰まった食材。パンとの相性もよく、独特の風味がプラスされ、プロの味が味わえます。成形のときに餡を包んで酒粕餡パンにするのもお薦めです。

 

酒粕パンの作り方

【材料】

・酒粕:40g

・水:160cc

・バター:15g

・強力粉:250g

・砂糖:大さじ2

・塩:小さじ3/4

・ドライイースト:3g

・打ち粉:適量

 

【作り方】

1./酒粕はちぎって水でふやかしておく。バターは室温に戻す。

酒粕はちぎってふやかす

 

2./1と他の材料をホームベーカリーにセットして、生地モードで1次発酵まで行う。

※材料を入れる順番などは、使う機種の説明書に従って下さい。ホームベーカリーを使わない場合は下記「ホームベーカリーを使わない生地の作り方」を参照して下さい。

材料をホームベーカリーにセット

 

3./打ち粉を軽く振った台に生地を取り出し、10等分して丸める。乾燥しないよう固く絞った濡れ布巾をかけて、室温で15分休ませる。

生地を取り出す

ベンチタイム

 

4./生地を手で軽く押さえてから成形し、クッキングシートを敷いた天板に並べる。表面が乾燥しないよう霧吹きをして、約35℃で20~30分発酵させる。生地が2倍程度に膨らむのが目安。

打ち粉をふりオーブンで焼く

 

5./表面に茶漉しで打ち粉をふり、190℃のオーブンで15~20分焼く。

出来上がり

 

 

ホームベーカリーを使わない生地の作り方

1./大きめのボウルに強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れ、1の酒粕と水を混ぜ合わせる。

材料を混ぜ合わせる

 

2./ひとまとまりになったらバターを加え、さらにこねる。はじめは生地がべたつくが、こねていると生地がまとまってくる。

生地をよくこねる

 

3./生地がなめらかに伸びるようになってきたらを1つに丸め、乾燥しないようラップをかけて約35℃で約40分、2倍程度に膨らむまで発酵させる。

よくこねてから1次発酵させる

 

4./以下、ホームベーカリーを使う場合の手順3〜と同じ。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい