韓国で大人気!「チーズドッグ」を作ろう!

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.08.04

夏休みに入って2週間が経ちました。子どもたちにとっては楽しい夏休みですが、親にとっては「今日は何をして過ごそうか? どこかに遊びに連れて行ってあげたいけど、毎日は大変。」と日々悩んでしまいますよね。

今、SNSや動画投稿サイトで話題の「チーズドッグ」はもう食べましたか?

チーズドッグはアメリカンドッグの韓国版。かじるごとにザクザクと心地良い音が響き、チーズがぐーんと伸びて見た目にも楽しいスナックです。長い夏休みの一日、親子でチーズドッグ作りに挑戦してみるのはいかがでしょうか?

チーズに含まれる脂肪酸は、体内に蓄積されにくく素早くエネルギーに変換される特徴を持っています。暑さを乗り切るエネルギーを、美味しく楽しくチャージしましょう。

生地から手作りする方法もありますが、今回は小さいお子様でも途中で飽きずに簡単に作れるように、ホットケーキミックスを使用しました。

こねたり伸ばしたりする作業は、子供の大好きな工程です。そこはお子様に任せて、包丁や火を使うところを大人が担当すると安心して作れます。

 

発酵手帳発売!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2019」が発売されました。ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

ご購入はこちらから

 

チーズドッグの作り方

【材料】

・さけるチーズ:4本

・ウインナー:さけるチーズと同じくらいの大きさのもの2本

・スライスチーズ(モッツァレラ):4枚

・ホットケーキミックス:150g

・水:50~60ml

・卵:1個

・パン粉(細目):適宜

・サラダ油:適宜

・薄力粉(打ち粉):適宜

・串:4本

 

【作り方】

1./ウインナーは半分に切ります。串に切ったウインナーとさけるチーズを刺し、スライスチーズを巻きつけます。

串の先でけがをしないように注意

 

 

2./ホットケーキミックスに50ml程度の水を加えて混ぜ合わせます。耳たぶくらいの柔らかさになるように、少しずつ水を足しながらこねていきます。

様子を見ながら少しずつ水を足す

 

3./軽くまとめた2を4等分にします。のし台やまな板などの上に打ち粉をし、のし棒で1を包み込める大きさまで伸ばし広げます。

楕円形の生地を4枚作る

 

4./3で1を包みます。生地が重なるところには少し水をつけてしっかりなじむようにします。

生地割れしないようしっかり包む

 

5./4に溶き卵を塗り、パン粉をまぶします。

溶き卵はハケを使うと塗りやすい

 

6./フライパンにサラダ油を入れ、170℃に熱します。そこに5を入れて揚げていきます。

全体がきつね色になったら完成

 

7./ケチャップやマスタードをかけていただきますが、砂糖をかけてもおいしいです。 お好みのトッピングでどうぞ。

大人用にはマスタードを付けても

 

(監修 深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい