有名焼肉店の味再現! 秘伝「焼肉のタレ」の作り方

カテゴリー:醤油 投稿日:2018.07.10

酷暑でバテ気味な時には、スタミナ満点の焼肉が食べたくなりませんか? 自宅で焼肉をする場合、タレは市販のものという方が多いと思いますが、今回は都内有名焼肉店(残念ながら閉店してしまいました)のレシピを素に、焼肉の漬けこみタレを作ります。長ねぎと白ごまをたっぷり入れた自家製は、味の調節ができる上に何より美味しい! 安い牛肉でもこのタレに漬けこめば、1ランク上の焼肉が楽しめます。

作り置きもでき、牛肉の他に豚肉、鶏肉と何にでも使えるのでとても便利です。

 

「焼肉のタレ」の作り方

焼肉のタレは焼いてからつけて食べるタイプと、生肉を漬けこむタイプがあります。今回は漬けこみタイプです。味がしっかり付くので、弁当のおかずにももってこいです。分量は少し甘めですので、お好みで調整してください。

 

【材料】500~800gの肉が漬けこめるぐらいの量

・醤油:100cc

・日本酒:大さじ5

・砂糖:大さじ5

・ごま油:大さじ1

・長ねぎ:1本

・すりにんにく:1かけ分(チューブでも可。お好みで)

・白いりごま:大さじ2

・一味唐辛子または胡椒:適宜(お好みで)

※作り置きする場合は、ごまと長ねぎを入れない状態にしておけば冷蔵庫で1ヵ月程度保存できます。

 

【作り方】

1./鍋に日本酒を入れ、強火で沸騰させてアルコールを飛ばしてから火を弱め、砂糖を入れてよく溶かす。

酒を沸騰させてから砂糖を投入

 

2./1を弱火のまま5分ほど煮て、少しとろみがついてきたところで醤油、にんにく、一味唐辛子または胡椒、いりごまを入れて火を止め、ごま油を入れて出来上がり。1日程度置くと味が落ち着いて美味しくなるが、すぐに使う場合は、完全に冷めてから肉にもみこむ。

ごまとごま油たっぷりで良い香り

 

※焼肉を作る30分前にタレを肉にもみこんで、輪切りにした長ねぎを投入してよく混ぜる。玉ねぎやピーマンなどの野菜も一緒にこのタレに漬けこんでおく。

たっぷりの長ねぎが合う!

 

激ウマ焼肉の出来上がり!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい