最強タッグ! 「はちみつシナモン」で風邪予防!

カテゴリー:レシピ 投稿日:2017.12.11

食材はときに、組み合わせによって、本来それぞれがもつ栄養よりも、さらにすぐれたパワーを発揮することがあります。

今回はその代表例、「はちみつシナモン」の黄金コンビのご紹介!

シナモンはケーキなどのお菓子や料理、飲み物のスパイスとして、生薬や漢方として、古くから親しまれ使われてきました。ビタミンB1、B2、ナイアシン、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛など、豊富な栄養成分を含み、毛細血管の老化防止効果、脂肪燃焼効果や血栓予防などの効果が期待できる優れた香辛料。頭部の毛細血管にも働きかけるため薄毛、抜け毛予防にもいいとされています。

はちみつは、自然がつくりだした万能サプリメント。ビタミン類やミネラル類、アミノ酸、ポリフェノールなどがバランスよく含まれ、エネルギー代謝が早いことから、ダイエットや疲労回復にも一役買ってくれます。ほかにも、美肌効果や腸内環境を整えてくれる効果、殺菌効果、喉風邪の痛みを和らげてくれる効果など、さまざまなシーンで活躍してくれる万能タイプ(選ぶ際は、栄養が損なわれていない、非加熱処理したものを選びましょう)。

さて、こんな優秀なふたつがかけ合わされるとどのような効果があるのでしょうか。

 

1.ダイエットの相乗効果

シナモンには、脂肪燃焼効果や体内の余分な水分を排出してくれる作用があり、はちみつには代謝をうながすビタミンB群やミネラル、アミノ酸などの成分が豊富に含まれています。ダイエットに、ダブルの効果が期待できるでしょう。

 

2.風邪予防やのど風邪に

シナモンとはちみつには、高い抗菌作用が含まれており、風邪予防、対策に効果が期待できます。そして、シナモンには、直接ウイルスに作用して予防するという研究結果が米国の大学で発表されているのです。

 

3.冷え性対策に

両者とも血行を促進してくれる作用があるため、冷え性対策にぴったり。これからの冬本番の寒い季節にぴったりのぽかぽか黄金コンビでもあります。

 

4.美肌やアンチエイジングに

両者ともに抗酸化作用があり、アンチエイジングにもってこい! 豊富なビタミン類の含有により、美肌効果も期待できます。

 

大さじ一杯のはちみつに適量のシナモンパウダーをふりかけてそのままスプーンからいただいたり、朝食のパンに塗ったりして食べてもOK。あたたかい紅茶に混ぜて飲むのもおすすめ。身体があたたまり、冬の寒い夜にもぴったりの飲み物です。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい