【リアルごはん1】おせちに発酵新メンバー! 筋子の酒粕漬け

カテゴリー:漬物 投稿日:2017.12.09

おせち料理が話題に上る時期になりました。おせちにはイクラや数の子など魚卵が定番ですが、今年は少し手を加えた酒粕漬けを作ってみませんか。しかもイクラより手に入りやすい筋子で美味しく、かつ酒粕ごといただくので、酒粕の健康パワーもそのまま摂れる逸品です。このレシピは東京・東中野の「美酒和膳 ひがし中野しもみや」からご提供いただき、実際に同店でも食べることができます。

 

筋子の酒粕漬けの作り方

筋子はイクラより塩分が強いので、甘めの酒粕と大変良く合います。また酒粕には熟成した吟醸タイプと板粕があります。酒粕が固いと漬ける際に筋子の粒がつぶれてしまうので、その場合はまず電子レンジで温めて柔らかくしてから使うようにしてください。

 

【材料】

・酒粕:100g

・砂糖:大さじ1程度(お好みで)

・本味醂または日本酒:大さじ1程度

・筋子:1/2腹

上左が吟醸酒粕、右が板粕

 

【作り方】

1./筋子を手でやさしく10粒ぐらいずつにちぎる。包丁で切ると粒がつぶれるので、ここは手を使うのがポイント。

2./ボウルに、吟醸酒粕なら砂糖のみ入れてよく混ぜる。板粕ならレンジで温めて柔らかくしてから本味醂を入れてのばし、砂糖を入れてよく混ぜる。

※吟醸酒粕(柔らかい)は味噌のような色をしていてまろやかな甘味があり、板粕(固い)は白くてフレッシュな風味がある。どちらを使うかはお好みで。

3./2に1を入れて軽く和える。強く混ぜると粒がつぶれるので注意。

4./3日間寝かせて出来上がり。

 

甘めの粕としょっぱい筋子が合う!

 

※「リアルごはん」とは、当マガジンでご紹介したレシピを実際の店舗で食べることもできる当マガジンと店舗との連動企画のことです。

 

レシピ協力・リアルごはん店舗:美酒和膳 ひがし中野しもみや

ホームページはこちら

住所:東京都中野区東中野1-52-18 クワハウス1階

TEL:03-3363-7878

営業時間:PM6:00~AM1:00/LO.12:00

定休日:毎週日・月曜日

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい