スペインの伝統的ヨーグルト“クワハーダ”が絶品すぎる!

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2017.08.24

スペインの北東部・バスク地方などで伝統的に食べられている乳製品「クワハーダ」。タイトルには”ヨーグルト”と書きましたが、正確にはチーズ製品の一種でフレッシュチーズの分類に入ります。

見た目は真っ白く、トロッとなめらかな口触りで、まるでヨーグルトのよう。味わいは、シュガーレスな牛乳プリンをイメージしてもらうと分かりやすいでしょうか。ミルクのやさしい味わいで、スルスルと食べられます。

見た目はヨーグルトそのもの

 

本来は羊乳や山羊乳から作られるものなのですが、最近は牛乳で作られることが多い。クワハーダとは、スペイン語で「凝固した」という意。温めた乳を凝固酵素(レンネットというチーズを固める際に使われる凝固剤)と混ぜ作られています。

cuajadaはクワハーダ

 

本場スペインでは、朝食にハチミツやクルミをのせて食べることが多く、デザートとして食べられています。低カロリー、低脂肪なので、ヨーグルトのようにダイエットや健康目的で食べる人もいるそうです。

ハチミツやクルミをのせて

 

日本ではなかなかお目にかかれる機会が少ないですが、スペインへ旅した際にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい