自家製サワークリームの作り方

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2020.03.08

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。
サワークリームは生クリームを乳酸菌で発酵させた発酵食品で、乳脂肪分が多く爽やかな酸味が特徴です。ロシアのボルシチやビーフストロガノフ、ニューヨークチーズケーキなどの材料に使われていたり、パンに塗ったりスープに入れても美味しく、少量でコクと旨みをプラスすることができます。

買うと少々高いサワークリームですが、生クリームとヨーグルトがあれば簡単に作ることができ、これをさらに水分と油分に分離させると「発酵バター」になります。
作りたては少しゆるいかな?という程度の固さですが、冷蔵庫で保存中も発酵が進みさらに固くなっていきます。

 

【関連記事】

簡単!感動!「発酵バター」手作りレシピ

 

自家製サワークリームの作り方
【材料】
・生クリーム(乳脂肪の高いもの):200ml
・プレーンヨーグルト:大さじ1

 

【作り方】
1./室温に戻した生クリームにヨーグルトを加えてよく混ぜる。

よく混ぜておく

 

2./容器にキッチンペーパーで軽く蓋をし、室温で夏場なら半日から1日程度、冬場なら1日から2日程度発酵させる。

発酵が進むほど酸味が強くなる

 

3./お好みの硬さになったら冷蔵庫で冷やして出来上がり。1週間程保存可能。

冷やすとさらに固くなる

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴15年以上。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中。

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい