夏にオススメ! 火を使わない「冷たいカレー」【発酵でダイエット!(28)】

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.07.21

 連日の猛暑でキッチンが灼熱汗かきの中、毎日のご飯作りは本当に苦痛ですよね。そんな時によく作る、とっておきの「冷たいカレー」レシピです。

 電子レンジも火も使わずに、5分混ぜるだけの「冷たいカレー」は、あらかじめ加熱して売られている、ボイル海老やサラダチキンなどを具にすることで、カレー作りに欠かせない煮込みをはぶいたのです。

 なぜか夏になると無性にカレーが食べたくなりませんか? カレースパイスは、胃腸を元気にし、食欲増進し、夏バテで疲れた体を元気にしてくれるまさに “薬膳料理” 。

 クリーミーなのにニンニクのパンチの効いた「冷たいカレー」は、サラサラっと冷汁感覚で食べられるので、簡単ランチや仕事で疲れて帰ってきた夜食に、ぜひ作ってみてください。

 

【材料】(1人分)

・クリームチーズ:50g

・カレー粉:小さじ1

・牛乳:80〜100cc

・塩:小さじ1/3

・すりおろしニンニク:小さじ1/4

・オリーブオイル:小さじ1

・お好みの具材(ボイル海老、ゆでタコ、サラダチキン、ゆで卵、ツナ缶、夏野菜などがよく合います)

・ご飯:適量

 

【作り方】

1./クリームチーズにカレー粉を入れ、よく混ぜる。

ボウル1つでできるのも嬉しい

 

2./牛乳を少しずつ加えダマを溶かすようによく混ぜ、滑らかになったら塩、すりおろしニンニクを入れ、混ぜ合わせたらカレールーのできあがり。(ここで30分冷蔵庫で冷やすとよりさっぱり!)

ダマをヘラで潰すように混ぜる

 

3./2にお好みの具材(ボイル海老、パプリカ、アボカドを使用)を添え、オリーブオイルをまわしかけたら出来上がり。

素麺のつけ汁にしても美味!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい