今がチャンス!いろいろ干し野菜

カテゴリー:レシピ 投稿日:2021.02.21

今の時季は“干し物”が適しています。気温が低く乾燥しているので、何でもよく乾きます。この気候を利用して干し野菜を作ります。他の時季ではカビたり黒くなったりすることがありますが、今ならきれいに干し上がります。干し上げると味が濃くなり、甘みが増して食感もシャキシャキ。煮物や味噌汁、炒め物など何にでも使えます。おいしい冬大根やキノコ類などを干しておけば、長期保存も可能です。

 

干し野菜の作り方
野菜は薄めに切ると3日程度でカラカラに乾きます。キノコ類は株分けをして早く乾くようにしておきます。干すと独特の旨みが出て、出汁がわりにもなります。根菜類は皮をむいて切ってあるので、下ごしらえがいらず時短料理にも大活躍します。

 

【材料】
・大根、人参、長ねぎ、エノキなどのキノコ類ほか

 

【作り方】
1./大根や人参は皮をむき、3~5mm程度の薄切りにする。長ねぎは斜め切りにする。
2./椎茸は薄切り、エノキは株分けする。
3./ザルなど風通しのよいものに、重ならないように広げて日向で干す。

重ならないように広げる

 

4./カラカラに乾いたら出来上がり。ポリ袋に入れて冷凍しておけば1ヵ月は保存可能。

大根、人参、長ねぎ、エノキ

 

5./味噌汁や煮物など汁があるものに使う場合は、そのまま出汁に入れて煮る。味が濃くなり、甘みが増してとても美味。

干し野菜の味噌汁、甘い!

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい