チーズがとろり! 牛肉の包み焼き

カテゴリー:レシピ 投稿日:2021.01.07

今年は遠出することなく、お家で過ごす年末年始になりましたね。
例年の慌ただしさの中でも、いつもよりゆっくり過ごすお正月になったのではないでしょうか。
さて、仕事始め、新学期が始まります。新たな年に向けて張り切っていかなければなりません。こうしたときに“幸せホルモン”を作り出すお肉を食べて元気を出していきましょう。
お肉の中から、大人も子供も大好きなチーズがとろり。
チーズに含まれる脂肪酸は、体内に蓄積されにくく、素早くエネルギーに変換される特長を持っています。
心の元気はお肉から。体の元気はチーズから。しっかり摂って、寒さも疲れも乗り切りましょう。

 

牛肉の包み焼きの作り方
【材料】(2人分)
・牛肉薄切り:150g
・シュレッドチーズ(ピザ用チーズ):50g
・大葉:2枚(小さいものなら4枚)
・ズッキーニ、ネギ、トマト、パプリカなど好みの野菜:60~80g
・塩、胡椒:適量
・ピンクペッパー:適量
・添える野菜:お好み(今回はベビーリーフとプチトマト)

 

【作り方】
1./好みの野菜は5~6cmの長さに切っておく。

牛肉で巻きやすい棒状に

 

2./牛肉を広げて置き、軽く塩、胡椒する。

小さい場合は2枚をずらして重ねる

 

3./2の中央に大葉、シュレッドチーズ、好みの野菜の順に重ねて置く。

重ねるように置く

 

4./牛肉を手前から折り、左右も折る。転がすようにして、牛肉で具材をしっかりと包む。

手前から奥へと転がすように

 

5./熱したフライパンにサラダオイル(分量外)を引き、4の巻き終わりを下にして入れる。

最初は巻き終わり部分から焼く

 

6./少し焼き目が付いたら、転がすようにして全体に焼き色をつける。
フタをして火を弱くし、5~10分ほど蒸し焼きにする。

焦げないよう弱火で

 

7./皿に付け合せ野菜などと6を盛り、ピンクペッパーをのせる。

彩りよく盛り付けて

 

(監修 深尾由起子)

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい