香り爽やかMy柚子もち

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.12.27

今が旬の柚子は、奈良時代に伝来したとされる日本人になじみ深い柑橘類です。ふんわり柔らかなもちに、爽やかな柚子が香る甘味にします。フレッシュな柚子を使って作りますが、手に入らない時期には柚子ジャムなどで代用してもいいでしょう。

 

柚子もちの作り方
柚子は皮と汁を使います。白い部分が入り過ぎると苦くなるので、目の細かいおろし金で表層をすりおろします。白玉粉は水で少しふやかしておくと、ダマになりにくくなります。電子レンジで加熱してよく練ったら、広げて冷ましてから食べやすく切り分けます。

 

【材料】
・柚子(中):1個
・白玉粉:70g
・砂糖:70g
・水:約100ml
・片栗粉:大さじ2〜3

 

【作り方】
1./柚子は皮をおろし金ですりおろす。汁は絞っておく。

柚子の皮をすりおろす

 

2./耐熱ボウルに白玉粉を砂糖、水を加え混ぜ、しばらく置く。柚子の絞り汁に水を加えて水分が全部で130mlになるようにして混ぜる。

白玉粉と砂糖、水を混ぜる

 

3./2を電子レンジに2分かけ、水で濡らしたヘラで混ぜる。さらに電子レンジに1分かけてヘラで混ぜ、透明感が出てきたら柚子の皮を混ぜる。
※電子レンジに合わせて、加熱時間は調節する。

加熱して練り上げる

 

4./平たい皿などに片栗粉を敷き、熱いうちに3を広げて冷ます。

広げて冷ます

 

5./食べやすい大きさに切り分ける。切り口に粉をつけるとくっつかない。

出来上がり

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい