レンチンで簡単!「とろとろチーズ茶碗蒸し」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.12.17

熱々の茶碗蒸しが美味しい季節になりました。茶碗蒸しといえば、蒸し器で蒸し加減を気にしながら作るイメージがありますが、電子レンジで簡単にできる、チーズ入りの個性的な茶碗蒸しをご紹介します。とろけるチーズを使った茶碗蒸しは、とろとろ滑らかで濃厚、コクのある食べ応え十分の味わい。具材をたっぷり入れれば立派なごちそうになります。

 

「とろとろチーズ茶碗蒸し」の作り方
今回、出汁は鰹出汁、具材は塩麴につけた鶏むね肉とほうれん草にしていますが、コンソメや鶏ガラのスープを使い、具材はソーセージやベーコンなどを入れるとより洋風になります。ベースの卵と出汁、チーズの割合以外はお好みでアレンジしてください。

 

【材料】(2人分)
・卵:2個
・鰹出汁:卵の3倍量(約300~360ml)
・塩:小さじ1/4
・とろけるチーズ:30g(スライスチーズなら2枚程度)
・塩麴につけた鶏むね肉:20g
・ほうれん草:1株

具材を用意

 

【作り方】
1./ボウルに卵を割り入れ、箸で白身を切るようによく混ぜる。泡立てないようにするのがコツ。泡立つと“す”が入る原因になる。
2./1に出汁、塩を入れてよく混ぜる。
3./濾(こ)し器や茶こしで2を濾す。
4./具材を適当な大きさに切る。
5./耐熱の器に具材とチーズを入れ、3をそっと注ぎ入れる。

器に具材とチーズを入れる

 

6./5にふわっとラップをかけ、電子レンジ200W(レンジ弱程度)で8~10分程度加熱する。

ラップはふわっとかける

 

レンジによって強さが異なるので、8分前後で一度様子を見る。器を傾けて汁が濁っていたら加熱不足なので、もう1~2分加熱し、透明になっていたら火が通った証拠。これで出来上がり。

濃厚茶碗蒸しの出来上がり

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい