ほくほくポテト旨し!「柚子胡椒チーズベイクドポテト」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.10.26

秋の夜長に、ほくほくこんがりのベイクドポテトはいかがでしょうか。ベイクドポテトといえばジャガイモを焼いた比較的作りやすい料理。今回はジャガイモの甘みに、とろりと溶けるチーズときりっとした柚子胡椒をきかせた変わりベイクドポテトです。

 

柚子胡椒チーズベイクドポテトの作り方
ベイクドポテトの美味しさは、香ばしく焼けた皮のなかのほくほくのジャガイモです。電子レンジで下準備をしてオーブントースターで焼くことで、短い時間でも本格的な味に仕上がります。切れ目にチーズをたっぷりのせ、熱々に焼き上がったところに、柚子胡椒バターを溶かしながらいただきます。

 

【材料】
・ジャガイモ:2個
・ピザ用チーズ:20g
〈柚子胡椒バター〉
・バター:10g
・柚子胡椒:小さじ1

 

【作り方】
1./柚子胡椒バターを作る。室温に戻したバターを柔らかく練り、柚子胡椒を混ぜておく。

柚子胡椒バターを作る

 

2./ジャガイモはよく洗って1つずつラップにくるみ、電子レンジで6〜7分加熱する。竹串がすっと通るぐらいが目安。
※お使いの電子レンジに合わせて調整してください

ジャガイモを加熱する

 

3./ジャガイモに十字に切れ目を入れ、アルミホイルでくるんで高めの温度のオーブントースターで約10分加熱する。

アルミホイルでくるんで焼く

 

4./ジャガイモの皮が焼けてきたら切れ目にチーズをのせ、さらに2〜3分チーズが溶けるまで焼く。柚子胡椒バターをのせて出来上がり。

チーズをのせて焼く

 

出来上がり

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい