昆布と牛肉の相性よし! 手軽に「昆布しめローストビーフ」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.10.17

ローストビーフと言えば手の込んだパーティーメニューといった印象ですが、オーブンも使わず手軽に作る方法をご紹介します。赤身の牛肉を昆布でしめ、ソースにはにんにくと醤油を使い、贅沢な和風ローストビーフに仕立てます。さっぱりしていていくらでも食べられます。昆布と牛肉の相性の良さに驚きます。

 

「昆布しめローストビーフ」の作り方
肉は70℃を超えると固くなるので、低温調理で作ります。といってもやり方は簡単。下味をしみ込ませた肉を、たっぷりの湯に浸けたらそのまま2時間放置するだけ。安価なものでも納得の出来上がりです。

 

【材料】
・赤身の牛肉(輸入牛で十分):500g
・にんにく:1かけ
・赤ワイン:大さじ2
・醤油:大さじ1
・塩:小さじ1
・胡椒:少々
・出汁昆布:20cm程度
・オリーブオイル:適量

 

OGビーフと出汁昆布

 

【作り方】
1./赤身の牛肉をフォークで刺して味をしみ込みやすくしてから塩胡椒をすりこむ。
2./チャック付き保存袋に赤ワイン、醤油、にんにくのみじん切りを入れ、出汁昆布を入れて出汁昆布をふやかす。
3./2の出汁昆布で1を包み、チャック付き保存袋に戻す。空気を抜き(袋ごと水に入れると空気が簡単に押し出される)、密封して冷蔵庫で1日以上寝かせる。

昆布で肉をしめる

 

4./3を冷蔵庫から出し、室温に戻す。大き目の鍋に鍋底に小皿を1枚入れて湯を沸かす。鍋の周りに細かい泡がつくようになったら70℃前後になっている。小皿は鍋底に保存袋がつくと溶ける可能性があるので入れておく。
5./70℃前後になったところで肉を袋ごと投入。1分間だけ中火にしたら火を止めてふたをし、2時間放置する。

湯で低温調理

 

6./5の肉だけ取り出し、フライパンにオリーブオイルをひいて肉の両面に焼き目をつける。冷ましてから切り分ける。

香ばしく焼き目をつける

 

7./袋に残った汁を6のフライパンにあけ、煮詰める。塩加減を見て醤油などを足してソースを作る。6にかけて出来上がり。

煮詰めてソースを作る

 

豪華なローストビーフ!

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい