昔懐かしい駄菓子の味!「酢昆布」の作り方

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.05.01

「酢昆布」は、駄菓子屋さんで赤い縦長の小箱に入って売られている、あの甘ずっぱい昆布です。ほどよい歯ごたえと噛むほどに旨味が出てくる酢昆布は、目にすると気になる昔懐かしい味です。

 

「酢昆布」の作り方
昆布はやや薄めの方が味がしみやすいので、薄手の昆布を選ぶようにしてください。酸味は酢の量で調整できます。うまくいくと、乾かすうちに白い粉を吹いてきます。出汁を取ったあとの昆布でも美味しくできますが、白い粉は吹きにくくなります。

 

【材料】
・昆布:50cm程度
・米酢:100ml程度
・水:100ml
・砂糖:大さじ2
・塩:小さじ1/4

 

【作り方】
1./昆布をキッチンはさみで1cm幅で5cmぐらいの長さに切る。
2./ボウルに1を入れ、米酢を昆布がひたひたになるまで入れて数時間置く。

昆布を酢に浸ける

 

3./鍋に水、砂糖、塩を入れて火にかけ、そこに2を入れて煮る。中火でOK。

調味料を入れて煮始める

 

4./3の水気が飛ぶまで煮たら、引き上げてザルなどに並べて干して出来上がり。

水気を飛ばす

 

ザルに並べて干す

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい