重宝メニュー「出汁がら昆布の佃煮」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2017.12.27

鍋物、汁物、煮物の出汁など、様々な料理に大活躍の昆布出汁。出汁をとった後、捨てずにおいしく再利用してみませんか。ごはんのお供に、おにぎりの具に、お酒のツマミにと大活躍間違いなし。出汁がらでつくるヘルシーでエコな「出汁がら昆布の佃煮」のご紹介!

昆布の種類は主に日高昆布、真昆布、羅臼昆布、利尻昆布の4つに分けられます。昆布の種類によって、味や特徴もさまざまあり、なかでも「日高昆布」は、もっとも代表的な昆布。柔らかく煮上がるため、佃煮にもピッタリなタイプです。もちろんその他の昆布をつかって佃煮にしてもOK! さまざまな昆布で味の違いを比べてみるのも楽しいのではないでしょうか。

 

出汁がら昆布の佃煮レシピ

【材料】

・出汁がら昆布:3~4枚

・水:1カップ

・酢:大さじ2

・酒:大さじ2

・砂糖:大さじ2

・薄口醤油:大さじ4

・みりん:大さじ2

 

【作り方】

1./出汁がら昆布を3~4枚用意する。底の深めのフライパンに、昆布、水、酢を入れ、蓋をして火にかける。沸騰したら、弱火にして20分ほど煮る。

2./1の昆布を取り出し、2センチ角ほどの大きさにカットする。

2センチ角にカット

 

3./昆布を再びフライパンに戻し、酒、砂糖、薄口醤油、みりんを加えて弱火で20分ほど煮詰めたら完成。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい