ささっと一品! 大根の梅の香和え

カテゴリー:漬物 投稿日:2020.10.07

私たちが普段、スーパーなどでよく見かける大根は「青首大根」といわれる品種のものです。品種改良が進んだことや、全国各地で栽培されているため、通年、売り場に並んでいます。しかし旬はこれからの寒い時期になります。
旬のものは栄養価が高く、味や香りもよくなります。さらにみずみずしく甘味が増してくるので、大根おろしや煮物などさまざまに楽しめますね。

大根に含まれる栄養成分で代表的なものは、アミラーゼやジアスターゼといわれる消化酵素。消化を助け、胃もたれや胸やけを防いでくれるのですが、アミラーゼ(ジアスターゼ)は熱に弱いので生食がおススメです。

そこで今回は、大根を生のまま使った和え物をご紹介します。
サッとできもう一品欲しい時や、ちょっとしたおつまみにも便利ですよ。

 

大根の梅の香和えの作り方
【材料】
・大根:7~8cm
・梅干し:1~2個(梅干しの塩分や好みで調整)
・大葉:2枚
・白炒り胡麻:適量

 

【作り方】
1./大根は皮をむいて薄いいちょう切りにし、薄めの塩水につける。

水500mlに塩小さじ2程度の塩水

 

2./梅干しは種をとり、うらごしするか細かくたたく。

細かくすると和えやすい

 

3./大葉を千切りにする。

大葉の香りがたつ

 

4./白炒り胡麻を刻んで、切り胡麻にする。

食感を残して香りもたたせる

 

5./1をギュッと絞って水分をきり、2、3、4を加えて和える。

完成

 

梅干しをあしらっても

 

かつお梅やしそ梅、はちみつ梅など、使う梅干しによって風味に違いが出ますので、お好みや気分で使う梅干しを変えるのもいいですね。

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

(監修 深尾由起子)

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい