酢玉ねぎが名わき役! サバ水煮缶サンド

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.05.02

サバ水煮缶といえば『賢者の非常食』(IDP新書)で小泉先生が、すぐれた備蓄食品として挙げておられます。

サバ缶サンドのポイントは、市販のすし用合わせ酢、いわゆる「すし酢」を使った酢玉ねぎをはさむことにあります。酢玉ねぎはサバの臭みを和らげ、玉ねぎ特有の食感が加わりほどよいアクセントになります。

時短調理の強い味方のサバ缶。何年も保存が効き、骨までやわらかく丸ごと食べられ、栄養豊富となれば言うことなし。バケットに、缶を開けてそのまま酢玉ねぎと一緒にサンドして、休日のヘルシーランチを楽しんでみましょう。

 

【材料】

・バケット:適量

・サバ水煮缶:1缶

・玉ねぎ:1 / 4

・すし酢:大さじ1

・サニーレタス:適量

・マヨネーズ:適量

 

【作り方】

1./玉ねぎを薄切りにし、すし酢を加えてよく混ぜ、10分ほどおく。

しんなりしてくる

 

2./バケットをお好みサイズに切り、中央に切れ目を入れる。

 

3./切れ目の内側にマヨネーズをぬり、サニーレタス、1の酢玉ねぎ、サバをはさんで、出来上がり。

たっぷりはさんで

 

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい