ご飯におやつにお弁当に!
万能、肉みそおにぎり【味噌で食育Vol.21】

カテゴリー:[PR], 味噌 投稿日:2020.04.30

幼児食で「みそを使ったおにぎり」と言うと、おにぎりにみそを付ける「みそ焼きおにぎり」が有名です。みそ焼きおにぎりも美味しいですが、今回は良質なたんぱく質を含む、1ランク上の「肉みそおにぎり」をご紹介します。

肉みそには「料亭の味 無添加」を使用し、みその甘みとしょうゆの塩分がご飯によく合う、味わい深いおにぎりになりました。具を多めに作っておいて、後でご飯に混ぜれば、忙しい朝食にもピッタリです。3時のおやつやお弁当にも使え、しっかりした味なので大人でも美味しくいただけます。

 

適齢期:幼児期(3〜4歳)

塩分:0.1g(2個分)

 

【材料】(4個分)

・豚挽き肉:25g

・タマネギ:25g

・ごま油:適量

・ごはん(炊いてあるもの):200g

 

【調味料】

・みそ(料亭の味無添加):10g

・みりん:小さじ2

・三温糖:2g

・しょうゆ:小さじ1

ごはんはアツアツを用意しよう

 

【作り方】

(1)タマネギをみじん切りにする。調味料をよく混ぜ合わせておく。

火にかける前に調味料を作っておく

 

(2)フライパンにごま油をいれて、弱めの中火でタマネギを炒める。しんなりしてきたら豚挽き肉を入れて、さらに炒める。

先にタマネギを炒め甘みを引き出す

 

(3)肉に火が通ったら調味料を加えて汁気がなくなるまで煮詰める。

汁気が飛ぶまでじっくり炒める

 

(4)3に香りづけでごま油を少量回しかけてから、ごはんを入れて混ぜ、小さめの三角ににぎったら出来上がり。

ごま油で香りを立たせる

 

出来上がり

 

【ワンポイントアドバイス】

■油で炒めるのでご飯に混ぜた後ににぎりづらいかもしれませんが、しっかりとにぎっても口の中では簡単にほぐれるので、硬めににぎっても良いでしょう。

■炒める際に汁気をしっかり飛ばさないと、にぎる際に崩れやすくなるので注意しましょう。

■(4)でごま油を回しかける代わりに、ごま油を軽く手につけて、小さめの三角ににぎっても香りがたって美味しくいただけます。

 

レシピ=小野友紀/大妻女子大学短期大学部家政科食物栄養専攻専任講師。管理栄養士。乳幼児期の食をめぐる課題・食事援助のあり方などの研究を進めている。主な著書に『保育園の食事-離乳食から幼児食まで-』(芽ばえ社)など。

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい