旬の新じゃがを海苔塩で

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.03.10

新じゃがの美味しさは格別ですが、ビタミンCをはじめとする栄養も豊富な春の恵みです。油で揚げ炒めにして、海苔塩をかけるだけで、おやつにもおつまみにも美味しい1品になります。じゃがいもは皮と実の間の部分に栄養成分が多く含まれているので、皮ごと食べると効率よく摂れるとされています。

 

新じゃがの海苔塩の作り方

新じゃがをあらかじめ電子レンジで下ごしらえをすることで、中まで火が通りやすくなります。全面をこんがり焼くと、美味しさが倍増します!

 

【材料】
・新じゃが:1〜2個
・油:大さじ2
・塩:少々
・青海苔:小さじ1

 

【作り方】
1./新じゃがはよく洗って、食べやすい大きさのくし形切りにして、水にさらす。

新じゃがはくし型に切る

 

2./1の水を切って軽くラップをかけ、約4分電子レンジにかける。

3./フライパンに油を熱し、2を入れて※中火で焼く。上下を返しながら竹串がスーッと通るまで焼く。
※水気がある場合は、油はねしないようキッチンペーパーなどで取る。

新じゃがを炒め揚げにする

 

4./表面もこんがり焼けたらキッチンペーパーを敷いたバットに取り、熱いうちに塩をまぶし、青海苔をふる。

塩をまぶし青海苔をふる

 

出来上がり

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい