作り置きレシピ! にんにくでピクルス

カテゴリー:漬物 投稿日:2019.10.11

暑い夏が過ぎ残暑もそろそろ落ち着いてきたこの時期、イベントも多く疲れを感じていませんか。
にんにくはB1、B6、Cなどのビタミン類やカリウム、食物繊維が豊富に含まれており、「免疫力を高めてくれるスタミナ食材で、とても体に良い」ということはよく知られています。
疲れを感じやすいこの時期のみならず、健康のために毎日少しずつ継続して摂りたい食材です。

そこで今回は、にんにくをピクルスにしてみましょう。
もう一品欲しい時の小鉢にはもちろん、使い方次第では調味料代わりにも、おつまみにもなってとっても便利です。お酢と合わせて調理することで、発酵食品の持つ整腸作用が加わり、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす効果もさらにアップします。
常備菜として作り置きして、手軽ににんにくパワーをいただきましょう。

 

にんにくピクルスの作り方

にんにくピクルスを上手につくるポイントは、スペイン産のにんにくを使うことです。スペイン産のにんにくは国産のものより辛みが少なく、生に近い状態で漬物にした場合により食べやすくなります。また、スペイン産のにんにくは粒が小さいので漬かりやすく、変色も少ないので、ピクルス作りにピッタリです。

今回のレシピは、スペイン産にんにくの分量です。国産にんにくを使う場合は粒が大きいため、水の量と煮る時間を多めにしてください。

 

【材料】
・スペイン産にんにく(なければ国産にんにくでも可):1株

 

●ピクルス液
・白ワインビネガー(穀物酢でも可):大さじ5
・水:大さじ4(国産にんにくの場合は大さじ5)
・砂糖:大さじ3
・粒胡椒:3~4粒
・ローリエ(あれば):1枚
・鷹の爪(種は除いておく):1/2本

 

【作り方】
1./にんにくは粒に分け、皮をむきます。

根のあった固い部分は切り落とす

 

2./ピクルス液の材料を全て鍋に入れひと煮立ちさせます。

中火でひと煮立ち

 

3./1を2に入れ1分程度(国産にんにくの場合は3~4分)煮立たせ、火を止めます。

さっと煮るだけ

 

4./3の粗熱が取れたら、清潔な容器に移し3日ほど置いて出来上がりです。

にんにくパワーを丸ごといただく

 

オリーブオイルをかけスパイスやハーブをトッピングすれば、さらに香り高いおつまみとしても楽しめます。

マイルドな味わいに

 

刻んでドレッシングに加えることで、いつもの和風ドレッシングやフレンチドレッシングに健康効果と風味をプラス。

パンチがきいて食欲増進

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい