身体ポカポカ!「リンゴの甘酒煮」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.02.08

ようやく本格的な寒さがやってきました。冬の代表的な果物といえば、リンゴ。リンゴにはビタミンCにカリウム、食物繊維、ポリフェノールなど、体調を崩した際に摂りたい栄養が含まれる優秀な果物なのです。
そのまま食べるだけでなく、すって食べたり、トロトロに煮たり、焼いたり、美味しい食べ方はたくさんあります!
今回ご紹介するのは、そんな旬のリンゴと甘酒を合わせて作る、寒い冬の日にぴったりのデザート。甘酒とハチミツのやさしい甘さがトロッと煮たリンゴを包みこみます。

リンゴもトロトロで美味しい!

 

リンゴは皮も一緒に使用することで、皮に多く含まれるポリフェノールもしっかり摂取できますし、煮込むと実がほんのりピンク色に色づきます。色みがアクセントとなり見た目にも良いでしょう。
ポカポカ身体をあたためて、今年の冬も元気に乗り切りましょう!

 

リンゴの甘酒煮の作り方
【材料】
・リンゴ:1個
・甘酒:200ml
・はちみつ:大さじ1
・ミントの葉(飾り用):適宜

材料はこちら

 

【作り方】
1./リンゴはよく洗い、皮付きのまま8等分し、芯のみを取り除く。

皮付きのままでOK

 

2./鍋に1のリンゴと甘酒、はちみつを入れ、落し蓋をして弱火にかける。

焦げないように弱火でじっくり

 

3./15分ほど煮込み、リンゴが柔らかく透き通ってきたら火を止める。

トロトロになるまで煮込む

 

4./温かいままでも、冷蔵庫で冷やして食べてもOK。

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい