新潟の絶妙味!「大根のからし巻き」

カテゴリー:漬物 投稿日:2020.01.27

冬大根は甘さが増し、繊維が柔らかくとても美味しくなります。この大根を薄切りにして干し、歯応えを出してからからしを巻いて漬ける新潟の漬物、大根のからし巻きを作ります。干し大根は保存が効くので、乾燥して寒く、大根が美味しい今の時期に作りためておきましょう。

 

「大根のからし巻き」の作り方
今回、大根の分量を1/2本で作っていますが、2本ぐらい作っても干すと驚くほど少なくなります。またアレンジとして、からしの他に出汁昆布も巻いてみました。

 

【材料】
・大根:1/2本
・練りからし(チューブで可):お好みで
・出汁昆布:お好みで
・醤油:40ml
・日本酒:40ml
・本味醂:40ml

 

【作り方】
1./大根の皮をピーラーなどで薄くむき、2~3mm程度の厚みに切ってザルなどに入れて干す。

厚みを均一に切る

 

2./1週間程度、カラカラになるまで干し上げる。

カラカラに干す

 

3./鍋に日本酒と本味醂を入れて煮立たせて煮切ってから醤油を入れて火を止め、冷ましておく。
4./2をぬるま湯で20分程度戻してからギュッと握って水分を切る。

ぬるま湯で戻す

 

5./4を広げて伸ばし、からしをのせてクルクルと巻く。出汁昆布はお好みの大きさで切ったものを同様に巻く。

大根を伸ばしてから巻く

 

きれいに巻き上がる

 

6./保存容器に5を入れ、3を注ぎ、1~2日程度漬けたら出来上がり。

大根がかぶるまで漬け汁を入れる

 

ピリッと辛くてパリパリ!

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい