餅のちょい活用!中華おこげ風

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.01.25

餅は正月などのハレの日に欠かせない縁起物の食材。また、そのままでも食べられる食品として完成されているといえます。味覚もさまざまなアレンジが楽しめ、バリエーションは自在です。今回は焼いたもちの香ばしさを生かし、人気の中華おこげ風にしてみました。野菜と海老の旨味たっぷりのあんでいただく冬に嬉しいメニューです。冷凍のシーフードミックスを加えれば、ちょっと贅沢な海鮮おこげ風になります。

 

【材料】
・もち:3切れ
・むき海老:50g
・豚肉:50g
・ちんげん菜:1株
・にんじん:30g
・しいたけ:1個
・ベビーコーン:3本
・ねぎ:1/2本
・しょうが:1片
・油:大さじ1

 

〈合わせ調味料〉
鶏ガラスープの素:大さじ1/2
水:300ml
しょうゆ:大さじ1
酒:大さじ1
〈水溶き片栗粉〉
片栗粉:大さじ2
水:大さじ3

 

【作り方】
1./もちは4枚に切る。豚肉は一口大に切る。にんじんは皮をむき、短冊に切る。ベビーコーン、しいたけ、ちんげん菜は食べやすい大きさに切る。ねぎは斜め切り、しょうがは千切りにしておく。

材料を食べやすく切る

 

2./もちをオーブントースターで焼き始める。フライパンを熱し、しょうが、豚肉、むき海老を炒め、全体に火が通ったらいったん取り出す。

豚肉とむき海老を炒める

 

3./にんじん、しいたけ、ベビーコーン、ねぎ、ちんげん菜の芯を炒める。

野菜を炒める

4./3に豚肉と海老を戻し、調味料を加える。煮立ったら、火を弱めてちんげん菜の青い部分を加え、水溶き片栗粉を回し入れてトロミつける。

調味料を加えて煮る

 

5./器にカリッと焼けたもちを入れ、4をかける。

出来上がり

 

  •                            

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい