山形の“だし”活用!「だしにゅうめん」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.09.23

ようやく秋らしい気温となってきました。しかし、夏の疲れも出てくる季節の変わり目に加え、台風の影響で気温や気圧のアップダウンも重なり、体調のコントロールがむずかしい季節でもあります。
そんな疲れた身体を癒してくれるのが、山形の内陸部を中心に食べられてきた郷土料理である「だし」を使用したにゅうめんです。

 

食欲のないときにピッタリ

 

「だし」とは、様々な夏野菜や薬味を細かく刻み、醤油などで味付けしたもの。夏に余ったそうめんも、温めてにゅうめんにしてしまえば、まだまだ楽しめます! たっぷりの野菜が身体にうれしい。さっぱりと優しい口当たりなので、食欲が落ちているときにもサラッといただけます。

 

だしにゅうめんの作り方

【材料】
・そうめん:1束(200g)
・めんつゆ:150ml
・水:250ml

 

※だしの材料
・ナス:1本
・ミョウガ:2個
・大葉:5枚
・長ネギ:5cm
・醤油:適量

 

【作り方】
1./お湯を沸かし、乾麺のそうめんを茹でる。同時に、別の鍋にめんつゆと水を入れ、温めておく。
2./※の野菜を全て粗みじん切りする。

だしの材料はこちら

 

3./2をボウルに入れ、軽く混ぜ合わせたら、醤油を回し入れる。

醤油を加えてさらに混ぜる

 

4./1で茹でたそうめんを温かいままお皿によそう。

湯を切りそのままお皿へ

 

5./4の上にだしをのせ、温めておいた汁をかけたら出来上がり。仕上げに白炒りごまを振ってもOK。

温めてそうめんを使い切ろう!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい