国産のにんにくの芽が旬! 醤油漬けを作りましょう!

カテゴリー:漬物 投稿日:2019.05.28

露地栽培のにんにくの芽が出回り始めました!!「芽」といっても花の茎を指します。普段「にんにくの芽」として売られているのは主に中国産で、太さも3,4mm程度ですが、国産の露地ものは、太いもので直径1.5cmはあります。今回は直径1cm程度の珍しい花付きを入手したので、醤油漬けを作りました。国産にんにくの芽は、今のほんの短い期間しか出回らないので、見つけたら迷わずゲットしましょう。炒めてよし、漬物にしてよし、シャキシャキの食感と甘みがまったく違います。

 

「にんにくの芽の醤油漬け」の作り方
花付きですが、花は使いません。買ったら早く調理しないと固くなるので注意してください。芽がとても太い場合は、切ってから電子レンジで2分程度かけて漬けるようにしてください。

 

【材料】
・にんにくの芽:太いもの5本程度
・醤油:カップ1/2
・酢:カップ1/2
・日本酒:カップ1/2
・水:カップ1/2
・砂糖:大さじ1
・出汁昆布:5cm程度
・鷹の爪:1本

ねぎ坊主のような花のつぼみ

 

【作り方】
1./にんにくの芽は花を切って5cm程度の長さにざくざくと切って漬け込む容器に入れておく。
2./醤油~鷹の爪まですべてを鍋に入れ、火にかけて沸騰させる。

調味料を沸騰させる

 

3./沸騰した2を1にざっとかけて自然に冷えるまで置いておき、冷えたら冷蔵庫で3日程度漬けてできあがり。

3日程度漬け込む

 

3日経つと味が染み込む

 

箸休めにもってこい

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい