芽吹き時が作り時! 木の芽味噌

カテゴリー:味噌 投稿日:2019.04.07

木の芽がいっせいに芽吹き出す季節になりました。山椒の若芽を使った木の芽味噌は黄緑色が春らしく、山椒の香りとピリッとした風味がたまらない美味しさです。田楽や焼きものの上にのせていただけば、春の香りが口いっぱいに広がります。

 

木の芽味噌の作り方
山椒は若芽を使用します。大きくなると固くなって繊維がきつくなり、アクも強くなります。山椒の量はお好みで調整してください。今回の量は芽20g程度です。また、出来上がりは甘めになりますので、辛めが好きな方は砂糖の量で甘さを調整してください。

 

【材料】
・山椒の芽:適量
・味噌:100g
・砂糖:大さじ2
・日本酒:大さじ1
・本味醂:小さじ1

芽吹いたばかりの柔らかい芽

 

甘さは砂糖で調整

 

【作り方】
1./山椒の芽は茎の部分に硬い箇所があるので、茎は使わず葉のみをちぎっておく。葉を洗い、ザルに上げて水を切る。
2./すり鉢に1を入れ、ペースト状になるまですりつぶす。

簡単にすりつぶせる

 

3./2に味噌、砂糖、日本酒、本味醂を入れ、よく混ぜて出来上がり。

春らしい香りの味噌の出来上がり

 

椎茸の軸を切り、かさの上にのせてオーブントースターで5分程度焼くと、椎茸の木の芽味噌焼きができます。

椎茸と木の芽味噌が合う!

 

こんにゃくの味噌田楽にも

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい