醤油が生きるさくらごはん

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.03.24

さくらを使っていないのに、さくらの名のつくさくらご飯。元々は静岡のソウルフード。白米に醤油と酒を加えて炊くだけのシンプルレシピですが、やみつきの美味。炊き上がりは、ふんわり醤油の香りの後に、お米の甘みが広がります。具の用意も不用、白米を炊くのと同じ手順でOK。おにぎりやお弁当にも適しています。

 

【材料】
・米:2合
・酒:大さじ2
・醤油:大さじ2弱
・水:適量

 

【作り方】
1./米は洗って、いつも通りの水加減で30分浸水させる。

米は洗って浸水する

 

2./酒と醤油を加え、さっと一混ぜして炊く。

酒と醤油を加える

 

3./炊き上がったら、しゃもじで底からほぐして余分な蒸気を逃す。ご飯粒をつぶさないように。

炊きたてのごはん

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい