【小泉武夫・食百珍】世界一硬い発酵食品「鰹節」(2)

カテゴリー:食情報 投稿日:2019.04.14

 大活躍するカビ

 あの石のように硬い鰹節の秘密は、まさにこのカビの発酵力によるものである。単に焙乾(ばいかん)しただけでは、生節(なまぶし)の表面が乾燥するだけで、内部は水分がまだ取り残されて硬くならない。また焙乾しただけの鰹節では、乾燥にムラがでて、削っているうちに表面からボロボロと崩れてしまう。だが、ここにカビを付けてやると、鰹節の表面で生育するカビは、その繁殖にかなりの水分を必要とするから、その水を鰹節の内部から吸い上げ、その水を生きる糧として利用することになる。おかげで鰹節は、内部から理想的な形で水分が除かれ、硬く乾燥することになる。

 

 上品で強いうま味

 この時、カビの生成した脂肪分解酵素は、鰹節の脂肪を分解して製品となってからの脂肪の酸化による品質上の劣化を防ぐ。またタンパク質の分解酵素は鰹節のタンパク質を分解して、うま味のもととなるアミノ酸をつくりだし、さらに、カビの作用によって一層うま味の強い型となったイノシン酸は、アミノ酸と相乗して、信じられないほどの上品で強烈なうま味を私たちに与えてくれる。

 

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい