香りよし! フライパン焙じ茶

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.10.17

新茶の時季に買い過ぎたり、いただき物の緑茶が棚の片隅に残ってはいませんか。焙烙(ほうろく)がなくても、フライパンで焙じ茶が作れます。作っている間、緑茶から焙じ茶独特の甘い香りに変化していくのも楽しめます。陶板なども使えるので、ぜひいろいろ試して好みの焙煎具合を探してみて下さい。

 

【材料】
・好みの緑茶:適量(はじめは大さじ3〜4杯程度が作りやすい)

 

【作り方】

1./フライパンに緑茶を入れ、弱火にかける。全体に熱が伝わるよう、フライパンをゆすりながら焙じる。

余っている緑茶でよい

 

均一に過熱されるよう

 

2./好みの色になったら、平皿などに広げて冷ます。
※余熱で焦げないよう、すぐに移した方がよい。

出来上がり

 

●陶板で作ってみました

1./陶板に緑茶をのせ、火にかける。木べらなどで返しながら焙じて、好みの色になったら出来上がり。

かき混ぜながら過熱

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい