秋刀魚たっぷり!「秋刀魚の筒煮」の作り方

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.10.07

今、まさに一番美味しい秋刀魚。トップシーズンを迎えて手ごろな価格で買えるようになりました。秋刀魚と言えば、「塩焼き」が定番ですが、今回は圧力鍋を使って骨まで柔らかい佃煮風に仕上げます。ぶつぶつと切ってはらわたを取ると筒のように見えるので「筒煮」と呼ばれ、しっかり煮ているので日持ちもします。

 

「秋刀魚の筒煮」の作り方
秋刀魚は頭の付け根から後ろが盛り上がって、横から見て幅が広い感じがするものが、脂がのって美味しいと言われています。秋刀魚は下ごしらえをきちんとすれば、時間が経っても生臭くなることを防げます。

 

【材料】
・秋刀魚:4匹
・醤油:大さじ4
・日本酒:100cc
・本味醂:50cc
・水:80cc
・生姜:薄切りと千切りを適宜
・出汁昆布:1枚(なくても可)

 

【作り方】
1./秋刀魚は頭と尻尾を落とし、3~4cmぐらいの輪切りにする。はらわたをかき出す。
2./塩水を入れた大きめのボウルに1を入れ、ボウルを持ってよくゆすり洗いする。秋刀魚は皮が弱いので、極力手で触らないようにするのがポイント。2回ほど洗ったらザルにあげておく。

秋刀魚をよく洗って水を切る

 

3./圧力鍋に出汁昆布、2と薄切りの生姜、日本酒と本味醂、醤油と水を入れて中火にかける。

秋刀魚と生姜、調味料を入れる

 

4./圧力鍋のふたをしないで10分煮る。アクが出たらすくう。その後ふたをして中火で圧力をかけて圧力がかかってから15分煮て火を止める。

ふっくらと煮上がった

 

5./圧力が抜けたらふたを開けて秋刀魚を取り出し、残った汁を弱火でとろみが出るまで煮詰める。

秋刀魚から出た美味しい出汁

 

とろみが出るまで煮詰める

 

6./5に秋刀魚を戻し、静かに汁とからめて出来上がり。しょうがの千切りをお好みでのせる。

秋刀魚を戻して味をしみ込ませる

 

ツヤツヤふっくら、ご飯が進む!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい