余ったピーナッツ有効活用!「味噌ジャム」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2018.07.21

お菓子づくりなどでつかうピーナッツやお酒のおつまみに重宝する柿ピーのピーナッツが余ってしまうことはありませんか? 残ってしまったピーナッツを使う機会がなく、冷暗所に置いたままということはありませんか?

ピーナッツは、1回で食べきれなくて残ってしまう食材のひとつといえますね。そんな、ついつい余らせてしまうピーナッツをおいしく有効活用してみましょう!

 

味噌と合わせれば、香ばしいジャムに早変わり

ピーナッツは、ご存知のように栄養もたっぷり。ピーナッツに含まれる植物性の脂肪は、血中の中性脂肪や悪玉コレステロール値を下げる作用のある不飽和脂肪酸の良質な脂。動脈硬化など、生活習慣病の予防にも一役買ってくれます。そして、血糖値表すGI値も低く、糖尿病予防などのリスクも減らせる優秀な食べ物なのです。

そんなピーナッツをつかった味噌ジャムは、一度作っておけば、冷蔵保存で1週間ほど持つので、便利に活用できそうです。味噌とピーナッツの香ばしい香りが、食欲をそそってくれます。

ついつい余らせてしまう?

 

朝食のパンの上にも

 

食パンにのせたり、お茶うけやお酒のおつまみとしてもおいしくいただける「味噌ジャム」、せひ作ってみてください!

 

味噌ジャムの作り方

【材料】

・ピーナッツ:大さじ5~6

・水:100~150cc

・味噌:大さじ2

・砂糖:大さじ4

・片栗粉:大さじ1

・牛乳:大さじ5

 

【作り方】

1./ピーナッツをすり鉢に入れ、粒が細かくなるまで擦っていく。

このぐらいの粒になるまで擦ろう

 

2./鍋に砂糖を入れ、弱火で焦がさないようにかき混ぜながら、ふつふつとなるまで沸騰させる。

このように沸騰してきたらOK

 

3./2に味噌を加え、弱火で2~3分ほど煮ていく。

焦がさないようにかき混ぜながら

 

4./3にピーナッツを加え、全体をかき混ぜたら、分量の水に溶かした片栗粉を少しずつ加えていく。

香ばしい香りが立ってきた!

 

5./しばらく混ぜたら、牛乳を加え、さらにもう少し混ぜ、とろみがつき水分が飛んできたら火を止めて完成。

このようなとろみが出てくる

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい