“食育”は大人たちの課題(1)【食べるということ(57)】

カテゴリー:食情報 投稿日:2018.07.18

 食育は大人に対する教育

 2005年11月、私はNHKの『クローズアップ現代』という番組に出演しました。テーマは「食の乱れは直せるか “好きな物だけ食べたい症候群”」。この年の7月に施行された「食育基本法」の成果について考えるという企画です。番組の冒頭でキャスターの国谷裕子さんから食育について問われた私は、こう切り出しました。

「食育は子どもに対する教育ではなく、大人に対する教育です」

 食育は、この国の将来を背負って立つ子どもたちの問題です。しかし、子どもたちに「食」の何を教えるべきか、はたして大人たちはどれだけわかっているでしょうか。

 

 ただのイモ掘りでは食育にはならない

 あるときテレビを見ていたら、食育の現場を紹介する場面が映し出されました。都会の畑の一画を借りてサツマイモを植え、子どもたちが楽しそうにイモ掘りをしているのです。 その光景を見たときに、私は唖然としました。これが食育だと大人たちが考えているのだとしたら、とんでもない話です。

 子どもにとって農業の体験は意味のあることです。とは言っても、楽しくイモ掘りをさせるだけなら、それはレクリエーションであって、農業の大切さや食の心を教えることにはなりません。大人が子どもたちに教えるべきことは何か? もしも食育の教科書があるとすれば、1ページ目に書かれるのは、「食べることの意味」なのです。

小泉武夫

 

※本記事は小泉センセイのCDブック『民族と食の文化 食べるということ』から抜粋しています。

『民族と食の文化 食べるということ』

価格:6,000円(税抜き)

※現在、特別価格5,500円(税抜き・送料別)で発売中

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい