パリッと美味しい! 肉みその揚げワンタン【味噌で食育Vol.16】

カテゴリー:[PR], 味噌 投稿日:2019.11.30

夕飯の主菜にも、スナック感覚で3時のおやつにもなり、余ったらお父さんが酒のおつまみとしても楽しめる。そんな子供から大人まで美味しく食べられる、絶品幼児食の登場です。

「肉みそ揚げワンタン」では、豚ひき肉と一緒に風味付けや味つけにみそを使います。炒めたり揚げたりすることによって肉の旨味が引き立つので、減塩みそでも十分おいしく仕上げることができます。

3歳になると奥歯も生えそろってきますので、パリッと揚げたワンタンの食感も、問題なく楽しめることでしょう。

 

■適齢期:幼児期(3〜4歳)

■塩分:0.2g(1食分)

 

【材料】(子ども2食分)

・豚ひき肉:40g

・玉ねぎ:20g

・ピーマン:10g

・ワンタンの皮:6枚

・炒め油:適量

・水溶き片栗粉:片栗粉小さじ1/2+水小さじ1

・揚げ油:適量

・みそ(料亭の味 無添加減塩):4g

今回は減塩みそが登場!

 

【作り方】

(1)玉ねぎとピーマンは、みじん切りにしておく。

子どもが食べやすいみじん切りに

 

(2)フライパンに油を敷いてひき肉を炒め、1を入れて更に炒める。

弱火~中火でじっくり炒める

 

(3)みそを入れよく混ぜ合わせる

味付けはみそのみ!

 

(4)とろみを調整しながら水溶き片栗粉を入れ、具材に少しとろみが付いたところで火を止める。

とろみをつけると扱いやすくなる

 

(5)バット等に平らに広げて、具材を冷ます

手で触って火傷しない程度まで

 

(6)ワンタンの皮に具材をのせ、三角になるように包む(ワンタンの皮は少量の水[分量外]をつけて口をとじる)

具が多いとはみ出るので注意!

 

(7)6を170〜180℃の油で揚げる(皮がきつね色になったら出来上がり)

香ばしく揚がりました

 

出来上がり

 

【ワンポイントアドバイス】

■ワンタンの皮が乾いてきてしまうので、ラップをかけておくと安心です。

■揚げすぎて衣が濃い茶色になると苦味が出てしまいます。中の具には火が通っているので、薄いきつね色になったら少し早めに取り出しましょう。

■ピーマンが苦手なお子さんは、代わりにカボチャやさつまいもを使用しても美味しくできますよ。

 

レシピ=小野友紀/武蔵野短期大学准教授。管理栄養士。乳幼児期の食をめぐる課題・食事援助のあり方などの研究を進めている。主な著書に『保育園の食事-離乳食から幼児食まで-』(芽ばえ社)など。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい