お鍋ひとつで簡単! はじめての「作り置き」!!

カテゴリー:レシピ
投稿日:2016.12.15

「今晩のおかず、どうしよう?」と日々の献立を考えるのに頭を悩ます人は多いもの。時間と手間をかけずにパパッと料理を作りたいけれど、いつもと同じおかずだとなんとなく味気ないし“手抜き感”も否めない……。そんな時にお役立ちなのが「作り置き」おかず。時間があるときに作っておいた基本のおかずに、ほんの少し手を加えて仕上げをするだけで、あっという間にごちそうに変身するのでとても便利!

 今回は、一品でそのままごちそうになるスペシャルなお肉料理の「作り置き」おかずに挑戦。おもてなしのメイン料理としても喜ばれること間違いなし!

 

豚肉だけで簡単にごちそう料理が完成!

●作り置きRecipe vol.5【ジューシーゆで豚】

【材料】

・豚肉(ロースやバラなどなんでもOK): ひとかたまり(約500g)

・塩:大さじ3

・酒:100cc

※レシピは作りやすい分量例です。

 

【作り方】

1./ビニール袋に豚肉と塩を入れ、よくもむ。そのまま冷蔵庫でひと晩、寝かせる。

2./ビニールから取り出した豚肉を流水でよく洗い、塩を落とす。

3./鍋に2.の豚肉を入れ、肉が隠れる程度の水を注ぎ、酒を加え、弱火で40分、コトコトと煮る。

4./火を止め、煮汁に浸かった状態のまま、常温まで冷ましたら完成。付け合わせの野菜とお好みのタレ(★)で食べる。

 

★ゆで豚によく合うタレ

【材料】

・ネギ:5cm

・ショウガ:ひとかけ

・ニンニク:ひとかけ

・醤油:大さじ3

・砂糖:小さじ1

・酢:大さじ1

 

【作り方】

1./ネギとショウガ、ニンニクをすべてみじん切りにする。

2./1.に、醤油と砂糖、酢を加え、よく混ぜ合わせたら完成。

ゆで豚を保存する時は、煮汁に漬けたまま保存容器に入れておくとジューシーさが損なわれない。冷蔵庫で保存、3~4日を目安に食べ切るようにしよう。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい