乳酸菌パワーがすごい!! 米のとぎ汁で作る「水キムチ」

カテゴリー:漬物, レシピ
投稿日:2016.07.12

キムチは数多くの種類がある漬けものです。その一種、「水キムチ」は植物性乳酸菌たっぷりの漬け汁も一緒にいただく、夏向けのさっぱりした辛くないキムチです。本来は上新粉を使うところを、お手軽に米のとぎ汁を利用して作ります。植物性乳酸菌をたっぷり摂って、夏を乗り切りましょう。

 

「水キムチ」の作り方

大根、人参、きゅうり、セロリなどの野菜を漬け込みます。お好みでりんごも一緒に漬けると自然の甘みでおいしくなります。また、この時期だとスイカの皮もおすすめ。冷蔵庫で2~3日間は保存が可能です。

 

【材料】

・大根:1/5本

・人参:1本

・きゅうり:1本

・セロリ:1本

・千切りのしょうが:1かけ

・米の研ぎ汁:500cc

・塩:小さじ2

・砂糖:小さじ1

 

【作り方】

1./普通にお米を研ぐ要領で米をボウルに入れ、一度水を注いでざっくりかき混ぜ、その水を捨てる。もう一度水を入れ、よく研いで、濃い研ぎ汁を作り、500cc取っておく。

2./1を鍋に入れ、千切りにしたしょうが、塩、砂糖を加えて火にかけ、沸騰したら火を止めて粗熱を取り、ボウルに取っておく。

3./野菜を切る。野菜は5cmぐらいの短冊に切る。

mizukimuchi_2

 

4./3を2に入れ、かき混ぜてからラップをして室温で半日~1日程度放置する。

5./食べてみて乳酸菌発酵による酸味を感じたら出来上がり。保存容器に入れて冷蔵庫で保存する。冷たくしていただく。

mizukimuchi_1

 

「水キムチ」の圧倒的乳酸菌パワー

漬け汁ごといただく「水キムチ」には、なんとぬか漬けの約18倍、普通のキムチの約2倍の植物性乳酸菌が含まれています。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌より強く、苛酷な条件でも生きられるので、生きたまま腸に届きます。その他にもビタミン、ミネラル、植物繊維が含まれており、整腸作用、美肌効果、免疫力アップ効果があると言われています。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい