ニンニクがしっかり効いた「美味(おい)だれ」をおうちで再現

カテゴリー:醤油 投稿日:2018.09.06

信州上田発祥の「美味だれ」をご存じですか。

地方や好みによって味付けは様々ですが、焼き鳥には醤油・砂糖・みりんなどをベースに調味された「甘だれ」が一般的です。ところが信州上田地域の焼き鳥店では、ほとんどがこの「美味だれ」を使用しているといいます。

「美味だれ」は、ニンニクがしっかり効いた醤油だれです。お店によって野菜や果物のすりおろしを加えるなどの工夫やこだわりはありますが、ニンニクの風味が前面に出ていることが「美味だれ」を名乗れる最大の特徴です。しかもこの「美味だれ」、ただの焼き鳥のたれではありません。鶏肉だけでなくどんなお肉にかけても美味しく、野菜にも合う万能調味料としても知られているのです。

今回は「美味だれ」をおうちで再現出来るレシピをご紹介します。「美味だれ」は上田市の登録商標ですので、正確には「美味だれ風のタレ」といったところでしょうか。

ニンニクには疲労回復や体力増強、がん予防や美肌効果など様々な効果が期待できる成分が含まれています。手に入りやすい材料で簡単に作れますので、発酵調味料の健康効果とともにニンニクパワーを美味しくいただきましょう。

 

美味だれ風タレの作り方

【材料】

醤油:1/2カップ

みりん:大さじ5

ニンニク:1株

りんご:1/4個

玉ねぎ:1/4個

はちみつ:大さじ1/2

 

【作り方】

1./ニンニク、りんご、玉ねぎをすりおろしておく。材料を全てフライパン又は鍋に入れる。

すべて入れてから火にかける

 

2./中火にかけ、沸騰したらそのまま5分程度煮ます。

吹きこぼれないように注意して

 

3./粗熱を取り、清潔な容器に移して冷蔵庫で一日寝かせたら完成です。 タレをコップに入れて提供し、焼き鳥を浸して食べるのが上田地域の食べ方です。ぜひお試しください。

もちろん二度づけは禁止

 

鶏肉以外にも、ステーキソースとしてそのままかけたり、炒めものの味付けにするのもおススメです。

豚肉のスタミナ炒め

 

オリーブオイルと混ぜればドレッシングになりますし、マヨネーズと混ぜれば野菜スティックのディップソースとして使えます。

野菜がモリモリ食べられる

 

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。