丸ごとガブリ! きゅうりの一本漬け

カテゴリー:漬物
投稿日:2018.07.04

夏野菜の代表、きゅうりには体を冷やす成分でもあるカリウムが含まれています。酷暑が続いてきつくなってきたときに食べたくなるのはそのためです。さらに最近、やせる成分のホスホリパーゼが含まれているところから、ダイエットにつながるのでは? と話題にもなっています。

今回は、そのきゅうりをガブリと丸かじりする「きゅうりの一本漬け」を作ります。これからの季節、屋外でバーベキューやキャンプをするときに氷を入れてキンキンに冷やして持っていけば、人気になること間違いなし!

 

きゅうりの一本漬けの作り方

今回はきゅうりの他に大根も漬けます。割り箸を刺して持ちやすくしました。きゅうりは曲がっていても漬けると柔らかくなるので、割り箸で刺せばまっすぐになります。

 

【材料】

・きゅうり:3本

・大根:1/4本

・塩:小さじ1

・水:1/2カップ

・出汁昆布:10cm程度

・鷹の爪:1本(お好みで)

・青紫蘇:3枚

今が旬、新鮮なきゅうりと青紫蘇

 

【作り方】

1./きゅうりが入るビニール袋に、水、塩、出汁昆布、鷹の爪を入れて塩をよく溶かす。

2./きゅうりは味が浸みやすいように両端を切り落とす。ピーラーや包丁で縦に間隔をあけて縞になるように皮をむく。

縞模様になるように皮をむく

 

3./大根はきゅうりと同じぐらいの長さに切り、皮をむいて1.5cm角ぐらいの短冊状に切る。

4./2、3と青紫蘇を1の袋に入れて少しもんで味をなじませてから、冷蔵庫で一晩漬けこむ。

袋で漬けこめばOK

 

5./漬け上がったきゅうりに同じ袋で漬けた青紫蘇を巻く。またはきゅうりに縦に切り込みを入れ、紫蘇を埋め込み、割り箸を刺しこめば出来上がり。

青紫蘇を巻くか、埋め込む

 

かぶりつくのがおいしい!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい