からだにいい! バルサミコ酢で豚ロースのりんご焼き

カテゴリー:レシピ
投稿日:2017.10.07

 食の秋、からだにいいバルサミコ酢を使った豚肉とりんごのオーブン料理のご紹介です。芳醇な香りのバルサミコ酢(ぶどうの濃縮果汁を樽でじっくり発酵させて作る)を贅沢に使います。その深いコクと酸味は、肉料理との相性抜群です。りんごは紅玉など酸っぱいタイプがお薦め。最後に焼きりんごをフードブロセッサーにかけ、ソースにしても美味しい!

 

【材料】

・豚ロースブロック:約300g

・りんご:1と1/2個

・油:大さじ1/2

・バルサミコ酢:50cc

・ワイン:大さじ2

・塩:少々

・胡椒:少々

・ミックスハーブ:適宜

 

【作り方】

1./耐熱容器に分量外の油を塗っておく。

2./豚ロースブロックの1/3の辺りに縦に2cmほど包丁を入れ、そこから中央に向かって切り開くようにする。塩、こしょうと、好みでミックスハーブを揉み込む。

うず巻き状に切り開く

 

3./りんごは皮をむいて芯を取り、縦に8つ割りにする。1/2個分をさらに縦半分に細く切る。

4./フライパンに油を熱して3をソテーし、バルサミコ酢とワインを回しかけ、煮からめる。

りんごをバルサミコ酢とワインで煮る

 

5./粗熱が取れたら、細く切った分を2の端1/3にのせる。りんごを中心にするようにくるりと巻く。

細いりんごを肉で巻く

 

6./肉の端を下にして耐熱容器に入れ、残りの4も並べる。

180℃のオーブンで焼く

 

7./200℃のオーブンで20~30分肉に火が通るまで焼く。途中2回ほど、容器の底の肉汁を肉にかける。焦げそうなときは、アルミホイルをかぶせるとよい。

出来上がり

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい