発酵調味料と相性抜群!! 「柿なます」

カテゴリー:発酵食品全般
投稿日:2017.09.11

 秋到来! スーパーにも柿が並ぶようになってきました。そのまま食べてももちろん美味しいのですが、柿は発酵調味料である酢と味覚の相性が抜群です! そこで、食事の箸休めや日本酒のお供に最適な、柿なますのレシピをご紹介します。熟した柿だと溶けてしまいやすいので、選ぶときは硬めの若い柿の方が歯ごたえが残って、おかず感が出るのでおススメです。

 

 柿なますの作り方

【材料】

・柿:1個(小さいものなら2個)

・カブ:1個(小さいものなら2個)

・酢:大さじ4

・砂糖:大さじ1と1/2~2(お好みで)

・塩:小さじ1/2

 

【作り方】

1./カブの皮を厚めにむき、いちょう切りにする。茎や葉はみじん切りにする。

筋を除くように厚めに皮をむく

 

2./カブに塩をふり、5~10分程度なじませる。

なじむとカブから水分が出る

 

3./2を漬けている間に、柿の皮をむく。種を取って、いちょう切りにする。

硬めの柿はいちょう切りしやすい

 

4./密封袋に酢と砂糖を合わせておき、水分を絞ったカブと柿を入れる。

空気を抜いて味をなじませる

 

5./冷蔵庫で半日程度おいたら出来上がり。

酸味が食欲をそそります

 

【アレンジ】

余った場合は、洋風にアレンジするのもおススメです。生ハムと和えて、オリーブオイル、塩、コショウをふってレモンを搾ればマリネ風になります。

パーティーメニューにも

(監修:深尾由起子)

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい