作り置き可! キノコの梅鰹煮

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.09.27

秋の味覚と言えば、まず思い浮かぶのがキノコです。秋らしくキノコの梅鰹煮を作ります。キノコは何でもOK。梅干しの爽やかな酸味と鰹節の旨味が効いて、食卓のおかずやお弁当、おつまみにもなります。作り置きもできるうれしいお惣菜です。

 

キノコの梅鰹煮の作り方
今回のキノコは、エノキ、椎茸、シメジにしました。この他、エリンギ、マイタケなどでもOKです。

 

【材料】
・エノキ:100g(大1束分)
・シメジ:1株
・椎茸:3~4個
・日本酒:大さじ3
・醤油:大さじ1/2
・本味醂:大さじ1
・梅干し:大2個
・鰹節:適宜

 

【作り方】
1./キノコはさっと洗って、エノキは3cm程度、シメジは石突きを切り落としてほぐし、椎茸は石突きを切り落として3mm程度の薄切りにする。

キノコはそれぞれ切って用意

 

2./梅干は種を取り、包丁でたたいて滑らかにしておく。

包丁でたたいて滑らかにする

 

3./鍋に1を入れ、日本酒を回しかけて中火で煮始める。
4./10分ほどすると水分が出てくる。ここで醤油、本味醂を入れて水分がほとんどなくなるまで煮る。

水分が出てくる

 

5./4の水分がほぼなくなったら2を入れ混ぜてさらに煮て水分を飛ばす。

梅肉を入れてさらに煮る

 

6./5の水分が飛んだら火を止め、鰹節を入れてさっくり混ぜて出来上がり。

鰹節を投入

 

おかずにもおつまみにも

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい