おうち時間にキッチン菜園~豆苗ともやしのヨーグルト和え~

カテゴリー:発酵食品全般 投稿日:2020.12.10

2020年は、思わぬ事態となり「おうち時間」を過ごすことが多くなりましたね。「おうち時間」を有意義に過ごすために始めてみたことやチャレンジしたいこと、いろいろな「おうち時間」のひとつに家庭菜園を始めた方も多いようです。庭やベランダ、貸農園など、自分の育てたい野菜や果物を手軽に育て、収穫する楽しみは、味も格別に美味しくなることでしょう。

でも、家庭菜園に関心はあるけれど、なかなか取り組むのは大変そうと思う方には、手軽に楽しめるキッチン菜園は、いかがでしょうか?とりわけ手軽なキッチン菜園は、豆苗の再生栽培です。買ってきた豆苗を下の豆と根っこを残し、浅い容器に入れ水を張る。キッチンのカウンターなどに置いて毎日水を換えていると、1週間過ぎるころには、新芽が伸びてきます。

新芽が出てきたら、陽当りの良い場所に置いてみると陽ざしに向かって伸びている様子も楽しめます。そして、いつの間にかぐんぐんと芽が伸びて豆苗に育っています。買ってきたときのようにしっかりと伸びた豆苗を収穫して料理をしてみると、楽しさと美味しさを味わえる一品に!今回は、豆もやしとあわせてヨーグルトを使った爽やかな和え物にしてみましょう。

 

【材料】

・豆苗:1袋(キッチンで再生栽培したものでもOK!)

・豆もやし:1袋

・ツナ缶:小1缶

・ヨーグルト:30g

・醤油:大さじ3

・すりごま:大さじ2

・胡椒:少々

豆苗ともやしを耐熱ボウルに

 

【作り方】

1./豆苗は、食べやすい大きさにカットして耐熱ボウルに入れラップをぴったりとして電子レンジで2分加熱。加熱後すぐに水にさらし、絞る。

 

2./豆もやしも、耐熱ボウルに入れラップをぴったりとして電子レンジで3分加熱。

加熱後の豆苗ともやし

 

3./ツナ缶にヨーグルトと醤油を入れて混ぜる。

ツナ缶はオイルを残しておく

 

4./粗熱のとれた豆もやしと1.の豆苗を混ぜ、3.で混ぜたツナ缶で和える。

豆苗と豆もやしをほぐすように

 

5./最後にすりごまをあわせ、お好みで胡椒を少々。

すりごまで香ばしさをプラス

 

6./ヨーグルトの酸味が爽やかな美味しい和え物のできあがり!

たくさんいただけます!

 

坂本広美/発酵食品ソムリエNo.111。発酵料理愛好家。スクールカウンセラーなど子育て相談も務め、子どもの心とからだの成長発達に大切な「食」を親子で楽しむイベントなどを開催。

 

発酵手帳2021、大好評発売中!

365日その季節に合った発酵食品のレシピや、小泉先生のコラム、付録には発酵食品をいつ作ったらよいか一目でわかる「発酵カレンダー」、発酵食品を作った際の日時、温度、分量などを記録できて次に役立つ「発酵手仕事」、「味噌特集」など、発酵食品好きにはたまらない「発酵手帳2021」が3年目を迎え、さらにパワーアップして大好評発売中!ぜひお役立てください。Amazonで大好評発売中です!

 

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい