ダイエット優等生!「高野豆腐の冷やしみぞれ煮」

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.05.28

煮物でおなじみの高野豆腐。ついつい忘れがちな食べもののひとつですね。最近、脂質の吸収を抑制するレジスタントプロテイン(タンパク質)が豊富に含まれたダイエット食品として注目されています。他にも骨粗鬆症を防ぐイソフラボン、老化を予防するビタミンE、カルシウム、マグネシウム、ビタミンK、鉄、亜鉛、食物繊維なども含まれ、健康優良食品といわれるゆえんです。この高野豆腐を冷やしていただく煮物にします。暑い季節に向かって、涼しげな煮物でヘルシーに乗り越えましょう!

 

「高野豆腐の冷やしみぞれ煮」の作り方
高野豆腐は戻した後、片栗粉をつけてオリーブオイルで焼き、コクと食感を出します。大根おろしは煮上がり直前に入れて風味を残します。

【材料】
・高野豆腐:100g
・大根おろし:1/8本分
・さやえんどう:適量
・片栗粉:大さじ1
・オリーブオイル:大さじ1
・鰹出汁:200ml
・醤油:大さじ1
・砂糖:小さじ1
・本味醂:小さじ1

長期保存できる健康食品

 

【作り方】
1./鰹出汁を火にかけ、醤油、砂糖、本味醂を入れてひと煮立ちさせ、冷ましておく。
2./高野豆腐は50~60℃ぐらいのお湯で戻し、水分を手で握って十分に絞る。

お湯で戻して残りの材料をそろえる

 

3./冷ましておいた1を80ml程度ボウルにとり、片栗粉を入れてよくかき混ぜてから2を入れてよくしみ込ませておく。
4./フライパンを熱してオリーブオイルを入れ、3をこんがりキツネ色になるように両面を焼く。

少し油を多めに

 

両面がキツネ色になるまで焼く

 

5./4に残りの1を入れ、10分程度中火で煮た後、大根おろしとさやえんどうを入れてさらに2分ほど煮て火からおろす。粗熱を取ったら冷蔵庫で冷たく冷やして出来上がり。

おろしを入れてさっと煮る

 

出来上がり

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい