牛乳消費を応援! 甘酒牛乳もち

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.05.19

こんにちは、発酵美容家のザイマリです。
小中高校の臨時休校や飲食店の休業にともない、牛乳の供給先がなくなり困っている酪農家を応援すべく“日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」”が農林水産省より開始されています。

このプロジェクトは、牛乳やヨーグルトを普段より1本多く消費することを推奨したもので、春に出産のピークを迎えた乳牛は、4月から6月の今の時期が最も乳量が多いうえ、病気予防のため、お乳を搾り続けなければならないといいます。
農林水産省は、6月までのピークを乗り切ることができれば、生乳の廃棄の事態は回避できる見通しと述べています。

そこで、今回は牛乳と甘酒を使った“牛乳もち”のご紹介です。
味は牛乳寒天のようにほんのり甘く、食感はわらびもちのようなモチモチの食感です。

 

牛乳を使った発酵レシピはこちら

 

【材料】
・牛乳:200ml
・甘酒:200ml
・片栗粉:大さじ4

 

【作り方】

1./鍋に甘酒、牛乳、片栗粉を入れ、よく混ぜてから火にかける。

2./弱火で生地がぽってり固まるまで木べらで混ぜ続ける。

焦がさないようにしっかり混ぜる

 

3./密閉容器などにラップを敷き、上から2を流して表面が平らになるようにする。

温かいうちに型に流す

 

4./冷蔵庫で1時間半以上冷やし、好きな大きさに切る。(お好みできな粉や黒ごま、黒蜜などをかけても美味しい)

不思議な食感の甘酒牛乳もち

 

ザイマリ/完全紹介制食育エステティックサロンオーナー。エステティシャン歴15年以上。企業や団体への講演やセミナー講師・執筆業・食育指導など多岐にわたり活動中。

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい