作り置き可! きのこのバルサミコマリネ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2020.04.04

在宅勤務や臨時休校に加え、外出も控えている今、運動不足やカロリーオーバーになっていませんか?

きのこは、ボリュームも栄養もたっぷりなのに低カロリーで食物繊維が豊富。その上、家計に優しい食材です。
そんな「きのこ」を使って、食卓の一品にもおつまみにもなる「きのこのバルサミコマリネ」のご紹介です。

バルサミコ酢は、酸味が優しくフルーティで奥深い味わいがあります。ポリフェノールは黒酢の3倍も含まれていて、アンチエイジング効果も期待できますね。

お酢の抗菌作用で日持ちしますので、多めに作り置きしておけば買い物の頻度も減らせます。

菌活、腸活で健康を維持し、体調と体形を維持して、この世界的なコロナ禍を乗り越えましょう。

 

「きのこのバルサミコマリネ」の作り方
※保存用の瓶はあらかじめ熱湯消毒しておきます。

【材料】(250mlの瓶にいっぱいになる量)
・きのこ:250g(今回はマッシュルーム、椎茸、ぶなしめじ、エリンギを使用しています)
・ニンニク:1片(中国産など小さ目のものなら2片)
・オリーブオイル:大さじ2
・ハーブソルト:小さじ1/2
・醤油:大さじ1/2
・バルサミコ酢:大さじ2
・粒マスタード:小さじ1/2
・コショウ:お好みで

 

【作り方】
1./きのこ類はそれぞれ食べやすい大きさに切る。

切り方はお好みでOK

 

2./ニンニクは皮をむいて縦半分に切り、芯を取り除いておく。フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて弱火にかける。

ニンニクを入れてから点火

 

3./ニンニクの香りがたってきたら中火にし、1を入れて炒める。全体にオイルが馴染んだら、ハーブソルトを加え軽く炒め合わせる。

ツヤが出てしんなり

 

4./3に醤油、バルサミコ酢、粒マスタードを加え、3~4分ほど炒めて軽く水分を飛ばす。

コショウはお好みで加える

 

5./4が熱いうちに、用意しておいた瓶ギリギリいっぱいまで詰める。しっかりフタをして冷まし、冷暗所で保管する。
(清潔な容器にしっかりと詰めることで、保存性がよくなります。1ヵ月ほど保存が可能です。開封後は早めにお召し上がりください)

すぐに食べても美味しい

 

瓶の形によっては、ギリギリいっぱいまで入らなかったり、余ったりすることもあります。瓶に隙間が出来るようであれば、保存性が低くなるので早めに食べ切るか、清潔な小さ目の瓶に移し替えてください。瓶に入りきらなかった分は小鉢などにとり、粗熱が取れたらその日の一品としてお召し上がりください。

 

(監修 深尾由起子)

 

  • みんなの発酵BLEND!

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい