小泉センセイの大好物!
アジのぶっかけ丼

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.09.18

夏から今頃が一番美味しいアジ。小泉センセイもアジが大好物です。「アジを糸づくりにして、生姜をすってどんぶり飯にかけるとうまいんだよねぇ」とのことで、センセイに教えていただいた、アジのぶっかけ丼を作ります。

 

アジのぶっかけどんの作り方
アジは胴体が丸みを帯びて、ふっくらしていると脂がのっています。鮮度は眼の輝きと皮が鮮やかな色をしているかで見てください。調味料は醤油と生姜しか使いませんので、素材の良さが美味しさに直結します。

 

【材料】
・アジ:中くらいのサイズ1尾
・生姜:1/4かけ程度
・醤油:大さじ1/2

 

【作り方】
1./アジは首の付け根から胸びれのうしろに包丁を入れ、頭を落とす。

アジの頭を落とす

 

2./内臓を出し、三枚におろし、あばら骨を削いで取り除く。

あらは出汁でも焼いても美味

 

3./身をまな板に置き、首の付け根の部分の皮をつかんで、尾に向けて引っぱり皮をむく。

皮は簡単にむける

 

4./3を2~3ミリぐらいの幅で細長く切る。

細長く切る

 

5./4を器に入れ、醤油をかけ、その上から生姜をすりおろして入れる。軽くかき混ぜて冷蔵庫で15分程度置く。
6./どんぶり飯に5をかけて出来上がり。

かきこむとウマイ!

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい