春野菜でリセット!「発酵バターと醤油」のレシピ

カテゴリー:レシピ 投稿日:2019.04.16

薄着になる季節を前に「うわっ、体形が」なんて方はいらっしゃいませんか。冬の間、新陳代謝が落ち、そのうえ行事食が続いて脂肪や老廃物をため込んでしまった体を、春野菜でリセットしましょう。
春野菜の特長として、栄養が豊富なうえに、香りが体を目覚めさせ、豊富な水分が老廃物の排出作用を促すといわれています。つまりデトックスに最適ということ。
味付けは、発酵バターと醤油。乳酸菌の働きで腸内環境を整え、栄養を摂取して、不要な物は排出する効果が期待できます。
ただし、食べ過ぎにはご注意を。

 

火加減を調節することで、水は使わない
作り方は、発酵バターで食材を炒め、火が通ったら、醤油をかけまわすだけ。春野菜は水分を多く含んでいるので、水は足しません。水溶性ビタミンをなるべく逃がさないよう、火加減に注意してください。
今回は、キャベツとシイタケを選びました。どちらも低カロリーで、ビタミン類や植物繊維が豊富です。

 

【材料】
・キャベツ:200g
・シイタケ:100g
・発酵バター:20g
・醤油:大さじ1

みずみずしいキャベツとシイタケ

 

【作り方】
1./キャベツの芯は薄切りに、葉の部分はざく切りにしておく。
2./シイタケは、いしづきを切り捨て、軸と傘の部分は別々に薄切りにしておく。
3./フライパンを火にかけ熱くなってから、弱火にして、発酵バター、シイタケの軸と傘、キャベツの芯を入れる。バターの味が全体に行きわたるよう、混ぜ合わせる。焦げつかないよう、底から混ぜる。

キャベツの芯もシイタケの軸も

 

4./軽く火が通ったら、キャベツの葉を入れる。火をやや強くして、全部に火が通るようにする。

葉の水分だけで調理する

 

5./火が通ったら、醤油を入れて、混ぜる。火の通り具合は、お好みで。シャキシャキした生っぽい食感、しんなりした柔らかい食感など、ご自由にお楽しみください。

甘みのある春の味

 

アスパラガス、スナップエンドウ、新タマネギなども、このレシピで美味しくいただけます。

 

福田恭子/フリーランス・ライター。京都市生まれ。ドイツ・テュービンゲン大学で学ぶ。文化を専門として茶道家元や京都の老舗料理店の広報誌編集長を務め、国内各地や世界50カ国で取材。

 

\  この記事をSNSでシェアしよう!  /

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう!
小泉武夫 食マガジンの最新情報を毎日お届け

この記事を書いた人

編集部
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は「食」に特化した情報サイトです。 発酵食を中心とした情報を発信していきます。

あわせて読みたい